今年度テーマ「夢中」

今年度のテーマは、「夢中」

昨年は「革新」をテーマとし、従来の建築の枠を超えた議論を目標としました。
11 年目を迎えた今年度は、
これまでの 10 年に及ぶ蓄積を携えるとともに、
全体テーマとして「夢中」を掲げます。

建築学生にとって“建築”というものは、日々の生活の根本にあり、
我々は学び、苦しみ、あがき、わくわくしながら、
そしてその意義を問い続けながら、
無我夢中に、
何か答えを追い求めているのではないでしょうか。

今年度のトウキョウ建築コレクションでは、もう一度原点に立ち返り、
“建築”の本質について真正面から考え、熱く議論する場を目指します。
我々をここまで夢中にさせる“建築“とは、一体何者なんでしょうか?